一般的に目安となっているオイル交換の走行距離と時期は?

一般的に目安となっているオイル交換の走行距離と時期は?

車のオイル交換をする様子

車のエンジンは、人間でいうと心臓にあたる重要なパーツだ。

そのエンジン内を循環するエンジンオイルは、血液と同じ役割を担っている。

適度な間隔でオイル交換をしなければ、車の寿命は確実に縮まる。

「走行距離と時期」、車のオイル交換はいつがベストなのか?

それでは、一般的に目安となっているオイル交換の走行距離と時期について、詳しく解説する。

車のオイル交換が必要な走行距離と時期の目安

一般的に目安となっている、オイル交換の走行距離と時期を表にまとめてみた。

定期的に必要なオイル交換は、7項目からなる。

※オイルフィルターはオイルではないが、オイル交換時に一緒に行うものなので項目の1つとしている。

車にとって血液ともいえるエンジンオイルは、一番重要だ。

目安とされる時期と間隔を守ることを、強くお勧めする。

オイル交換 走行距離 時期(間隔)
エンジンオイル 5千km 6ヶ月
オイルフィルター 1万km オイル交換2回に1回
ATオイル 4万km
クラッチオイル 5万km 5年
ブレーキオイル 2年に1回
パワステオイル 2万km
デフオイル 5万km

オイル交換は車のメンテナンスの基本中の基本

車のオイル交換と言えば、通常、エンジンオイルの交換のことを指す。

最も交換頻度が高いのが、このエンジンオイルだ。

走行距離3,000km、または3ヶ月間隔で交換するのが良いとされていたが、年々、車とオイルの性能が良くなり、走行距離5,000kmまたは半年間隔の交換で良いようになった。

各オイル交換の間隔は、車の乗り方も影響するため、目安よりも早く交換しなければならないケースもある。

車の故障と寿命のリスクを考えると、オイル交換の費用なんて安いものだ。

車の故障と寿命は、メンテナンスによって大きく変わる。

オイル交換は車のメンテナンスの基本中の基本。

オイル交換は、ベストなタイミングでしっかりと行おう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!