車の買取業者が倒産して売却代金が支払われない

車の買取業者が倒産して売却代金が支払われない!

車の売却代金が支払われず頭を抱える女性

倒産により売却代金が支払われない

インターネットの一括見積もりで知った買い取り業者に 300万円で売却する契約をして車を引き渡した。

入金の約束日の次の日になっても振り込まれないため、電話をしたら通じず、店舗に行ってみたら、「倒産」の張り紙があった。どうしたらよいか。

代金の支払いに関する相談【事例8】


車買取のトラブル事例については、車買取のトラブル事例を教訓にする!車を売る前に知っておきたいこと!で、まとめて紹介している。

代金の支払いに関する相談「トラブル事例8」をまとめる

代金未払いのまま、車を売った買取業者が倒産してしまった。

国民生活センターで紹介されている事例だ。

買取業者は倒産しているので、代金の回収はきっとできなかっただろう。

車種やグレードが分からないので一概に言えないが、300万円という買取価格は非常に高額だ。

おそらくこの買取業者は、倒産することが分かった上で車を買取った公算が強い。

初めから代金を支払うつもりがなかったものと推測できる。

国民生活センターからのアドバイス

この事例を教訓にするため、「国民生活センター」では次のようなアドバイスを送っている。

国民生活センターについては、車売買トラブル!国民生活センターに相談すればどんな対応をしてくれる?で詳しく紹介している。

売却代金を受け取る前に、車両と書類をすべて引き渡してしまうのはリスクが大きい

車両と車検証・整備手帳等の書類一式を事業者に引き渡し、後日代金を受け取るというやり方は、消費者側のリスクが大きい。

「代金が支払われない」という相談が一定数あることから、次の点に注意したほうが安全である。

  1. 車両・書類等の引き渡しと引き替えに現金を受け取る。
  2. 車両は引き渡しても名義変更に必要な書類(委任状、印鑑証明、譲渡証明書など。車検証は、再発行が可能であるため不可)は代金を受け取ってから渡す。
  3. どうしても車両・書類すべてを先に引き渡すのであれば、最低限、振り込みの期日を引き渡しの日の直後に設定し、「〇月〇日〇時まで振り込む」などと必ず書面で取り決めること。

小規模な買取業者であればあるほど倒産のリスクは高まる。

「個人経営の買取業者」や「街の中古車販売店」に車を売る時は、細心の注意が必要なのである。

なお、当サイトでご紹介している一括査定の買取業者は、どれも大手企業ばかりだ。倒産のリスクはほとんどないので、安心して利用してほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!