車の査定で用意しなければいけない必要書類

車の査定で用意しなければいけない必要書類

車の査定で用意する必要書類

車の査定をお願いする時、必要な書類が2つある。

  • 車検証
  • 自賠責保険証書

車を運転する時は、2つの必要書類は携行義務となっている。問題なく用意できるはずだ。

それでは、「車検証」と「自賠責保険証書」は、なぜ必要なのか?

分りやすく解説していきたいと思う。

車検証を見て査定の肝となる重要ポイントを確実に特定している!

車検証は、車検をはじめ名義変更や廃車など各種手続きを行う上で、必ず必要となる書類だ。

車の詳細な情報が記載されている車検証は、車の身分証明書のような役割を担っている。

所有者や使用者、型式や登録年月日など記載内容は約30項目にも及ぶ。

車の査定の際には、「初度登録年月」と「型式」が重要ポイントとなる。

初度登録年月は、新車登録された日を指す。この項目を見れば、年式が一発でわかる。

型式は、車に付けられている英数字の識別番号だ。この識別番号を見れば、およその車の情報がわかる。

年式や車種、グレードは査定の肝となる重要ポイント。

査定士は、車体ではなく車検証を見て、これらの重要ポイントを確実に特定しているのだ。

お店は査定前に自賠責保険証書で有効期限の確認を必ず行う

自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている強制保険だ。

この保険に加入していることを証明する書類が自賠責保険証書だ。

車を買取るまたは下取る場合、自賠責保険に加入していることが絶対条件となっているので、お店は査定前に、自賠責保険証書で有効期限の確認を必ず行う。

また、自賠責保険証書は車検を受けるときにも必ず必要となっている。

車検証と自賠責保険証書が紛失した場合は再発行してもらうことができる

車の査定をお願いする時「車検証」と「自賠責保険証書」が、なぜ必要なのか解説を行った。

2つの書類は携行義務となっているので、ほとんどの方が問題なく用意できるはずだ。

紛失した場合は、再発行してもらうことができるので、用意しておこう。

  • 車検証は運輸支局で再発行してもらうことができる
  • 自賠責保険証書は保険会社で再発行してもらうことができる

車を売る時には、自身で用意しなければいけない書類とお店が用意してくれる書類があり、揃えなければならない書類は多くなる。

詳しくは、車を売る時に用意しなければいけない必要書類を見てほしい。

車を売ることが前提となっている場合は、これらの書類も準備しておこう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!