契約前に車を持っていかれ仕方なく契約書にサインしてしまった!

契約前に車を持っていかれ仕方なく契約書にサインしてしまった!

契約前に買取業者に持っていかれてしまった車

売ると言っていないのに車を持って行かれた

査定を受けるつもりで業者に電話した。

次の日に担当者が家に来て車を見て、最初は「0 円」と言っていたが、あちこちに電話し、「修理にいくらかかるか、修理工場で調べる」と言って車を持って行ってしまった。

車を持って行くときに「売るか売らないかは価格がわかってから決める」と言ってあったのに「10万円で売れた」と電話があり、担当者が家に来たときには契約書も用意してあった。

親に連絡してから決めたいと言っても聞いてもらえず、「既に客と話がついているのでサインしてくれないと困る」と契約を迫られ、疲れて応じてしまった。

次の日、知人と一緒に店に話し合いに行ったが、車がどこにあるかさえ教えてもらえない。

解約・解約料に関する相談【事例6】


車買取のトラブル事例については、車買取のトラブル事例を教訓にする!車を売る前に知っておきたいこと!で、まとめて紹介している。

車買取で起きた「トラブル事例6」をまとめる

この事例は、契約前に買取業者が車を持っていってしまい、後日、買取業者からその車が売れたので契約書にサインしろと迫られ仕方なく契約書にサインしてしまったというケースだ。

この悪徳業者が行った買取り手法は、事実が立証されれば詐欺罪に問われる違法行為だ。

お店の対応を見ても組織的に犯罪紛いの買取りを日常的に行われている可能性が高い。

もはや犯罪と言えるこの事例。被害者は売却契約をキャンセルすることができるのだろうか?

キャンセルするためには契約に至った経緯を証明する証拠が必要

被害者は、大きな過ちを2つ犯している。

  • 車を持って行くことを了承してしまった
  • 契約書にサインしてしまった

契約前に車を持っていく。そんなこと、まともな買取業者は絶対にしない。査定は、修理代も含めその場で行われるのが常識だからだ。

挙句の果てこの悪徳業者は、「買い手が付いた」と手前勝手な理由で契約書にサインすることを被害者に迫っている。

買い手が付いたことはおそらく嘘だろう。いろいろと難癖を付けて契約を迫るのが悪徳業者の常套手段だ。

契約書にサインすると、その契約は成立する。車の売買契約は、原則クーリングオフができない。キャンセルする場合は、高額なキャンセル料が請求されることになる。

高額なキャンセル料を支払わず、契約をキャンセルするためには法的措置をとるしかない。

しかし法律を味方にするためには、契約に至った経緯を立証できる証拠が必要となる。

契約をキャンセルするためには、「契約に至った会話の録音」や「買取業者が契約に至った経緯を正直に話」といった証拠が必要となるので、事実を立証することは難しいだろう。

契約書にサインをしてしまった事実がある以上。事実に反して法律は、悪徳業者に有利に働いてしまうのだ。

この事例の教訓

被害に遭われた相談者は、おそらく契約をキャンセルすることはできなかっただろう。

この事例の教訓は、「契約の説明を受ける時は録音する」といった、そんな難しいことではない。「車の売買契約はキャンセルできない」と、そう強く認識することなのだ。

契約前に車を持っていくのは悪徳業者だ。毅然とした言葉で悪徳業者を撃退しよう。

「どんな理由があるにせよ契約前に車を持っていくのは聞いたことのない話です。家族に車の売買契約に詳しい者がいるので相談します。お引き取り下さい。」

査定は、毅然とした態度で臨むことが重要なのである。

車の売買で起こるトラブルは、高い確率で悪徳業者が関わっているため、トラブルに巻き込まれないためには悪徳業者と関わらないことが一番の近道だ。

なお、当サイトでご紹介している一括査定の買取業者には、こういった悪徳業者は存在しない。安心して利用してほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み!私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!