車の売却契約をしたが、当日のことなのにキャンセルができない!

車の売却契約をしたが、当日のことなのにキャンセルができない!

車売却の契約書にサインする様子

契約当日、引き渡しもしていないのに解約できない

インターネット上の車の無料見積もりサイトに自分の車の情報を入力したところ、たくさんの業者から車買い取りの電話がきた。

たまたまある業者に査定のために来訪してもらった。自宅の前の路上で、「65万円で買う」と言い、迷ったが、かなりしつこいので「70万円なら売ってもよい」と言ったところ、それで買うと言うので、自動車の中で契約書にサインし、母印を押した。

その後別居中の妻に連絡したところ「売らないでほしい」と言われたので、業者に連絡しキャンセルを伝えたところ、「キャンセルできない、買い手がつき手付金ももらっている」と言われた。

当日のことで、まだ手元に車があるのにもう買い手がついたというのは信じられない。確かに契約書にはキャンセル不可と記載があるがなんとかキャンセルしてほしい。

解約・解約料に関する相談【事例1】


車買取のトラブル事例については、車買取のトラブル事例を教訓にする!車を売る前に知っておきたいこと!で、まとめて紹介している。

車買取で起きた「トラブル事例1」を要約

車の査定してもらった当日に売却契約書にサインをした。その後、キャンセルを申し出たが「買い手が付いたのでキャンセルはできない」と言われた。

まだ車の引き渡しもしていない。契約書にはキャンセル不可と記載があるが、なんとかキャンセルしてほしい。

この事例の教訓

この事例では、契約書に「キャンセル不可」と記載されているためキャンセルすることはできない。

キャンセルできるかは契約書の約款による。大手買取業者であれば、契約後に数日間の無償キャンセル期間が設けられている。

無償キャンセル期間を過ぎれば、キャンセル料が請求されるのが一般的だ。

詳しくは、車の売却契約のキャンセル料10万円は妥当なのか?を見てほしい。

車の売買契約のクーリングオフは原則できないのだ。

契約当日に買い手が付くのはあり得ないと、相談者は、信じられない様子だ。

車の引渡しが済んでいない段階で、買い手が付くことはまず考えられないが、それを証明することは難しい。

嘘なのか本当なのか?真相は、車を買取ったお店にしか分らないからだ。

契約書の内容を確認することは大事だが、この事例の教訓はもっと単純だ。

それは、車を売る時は、査定してもらったその場で契約しないということだ。

まだまだ高い値で買取ってくれるお店が見つかるかもしれないし、この事例のように、家族に反対されることだってあるだろう。

「今日、契約してくれるなら65万円のところを70万円で買取りします」と言うのは、営業マンの殺し文句だ。

それでは、数日後だと70万円で買取ってもらえないのか?

そんなことはないはずだ。買取ってもらえない可能性はゼロではないが、高い確率で70万円で買取ってもらえるはずだ。

査定してもらったその場では契約しない。

「この条件は、良いのかあるいは妥当なのか」を十分に検討した上で契約することが大事なのである。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!