下取りに出すのは先入観からだった!下取りを選ぶその理由を解説!

下取りに出すのは先入観からだった!下取りを選ぶその理由を解説!

下取りを選ぶ理由は先入観

車の買い替えを行なうとき、下取りに出す人はとても多い。

下取りとは、車を購入する販売店に古い車を買い取ってもらうことだ。

下取りには、面倒臭さがないという大きなメリットがある。

下取りに出すその割合は、実に6割にも上ると言われている。

これら下取りに出す6割の人達は、適正な価格で車を売却することができているのか?

残念ながら、ほとんどの人が適正価格で売却できていないのが実情だ。

その損失は10万円〜30万円、高級車になれば100万円以上ということも十分にあり得る。

これは大袈裟に言っているわけでは決してない。

それだけの大損を被る可能性が下取りにはあるのだ。

このページでは、車を高く売りたいにも関わらず、なぜ下取りを選ぶ人が後を絶たないのか、その理由について解説したいと思う。

ディーラーに対する二つの思い込み

前述したように、車の購入と売却が一括して行うことができるので下取りには面倒臭さがないというメリットがある。

面倒臭さがないというメリットを重視される方にとっては、下取りは非常に理にかなった売却方法だといえる。

このことについては、メリットとデメリットでわかる車を下取りに出すその理由で、詳しく解説している。

問題なのは、少しでも車を高く売ろうとしているにも関わらず下取りという方法を選ぶ人達だ。

なぜ、下取りといった売却方法を選ぶのか?

それは、先入観によるところが大きい。

「ディーラーは信用できる」と、勘違い的な思い込みをしているのである。

その一つ目が、ディーラー下取りは、中古車の市場相場を基準に査定を行っているという思い込みだ。

そもそもディーラーは、独自の計算方式で査定を行っている。

簡単に言えば、ディーラーの営業マンは市場相場に鈍感なのだ。

そのため、査定価格が市場相場よりも数十万円も安いといったことが起こることがあるのだ。

二つ目は、一流の自動車メーカーであるディーラーの営業マンの話だから信用できるという思い込みだ。

ディーラーの営業マンはお店の指示に従って査定を行う。

そう、お店のルールを守り仕事をこなしているのだ。

ディーラーの営業マンは、中古車の市場相場を目にすることはできないようになっている。

そこには、市場相場を見せられない、ディーラー側の事情というものがあるからだ。

これら二つの思い込みが、「ディーラーは信用できる」という先入観を作り上げる、大きな要因となっているのである。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!