ETCを導入するために必要な手順とそれにかかる費用を分かりやすく解説

ETCを導入するために必要な手順とそれにかかる費用を分かりやすく解説

ETCゲートを通過する様子

ETCは、高速道路の利用料金が自動精算される画期的なシステムだ。

料金所を停まることなく通過することができるETCシステムは、高速道路の渋滞緩和に大きく貢献している。

高速道路をストレスなく利用するために不可欠となったETCは、今やほとんどの車に導入されるオプションとなっている。

しかしながら設置は任意のため、100%の普及率には至っていない。

ETCをこれから導入する、また導入を検討されている方は当然いるだろう。

そんな方のためへ。

このページでは、ETCを導入するための手順とそれにかかる費用を分かりやすく解説している。

これからETCを導入される方は、是非、参考にしてほしい。

ETC導入の手順

ETCの導入は、次の4つの手順を踏んで行う。

ETCの導入に必要なものは、ETCカードとETC車載器の2つだ。

後は、@〜Cの手順に従って進んでいくだけである。

1. ETCカードを用意する

ETCカードは、高速道路を利用する際に、ETCゲートを通過するだけで通行料金を自動決済できるICカードだ。

ETCカードは、ETC車載器が設置されている車であればどの車でも使用できる。

例えば、友達の車で遠方へ出かけるとなった場合、自分のETCカードを利用すれば友達の代わりに高速料金を支払うことができるのだ。

ETCカードは、クレジットカードに追加発行される分離型が主流だ。

よって、クレジットカードとETCカードの2枚を所持する形となる。

ETCカードについては、年会費無料のETCカードと私がおすすめするETCカード計4枚ご紹介!で、詳しく解説しているのでETCカード選びの参考にしてほしい。

2. ETC車載器を購入する

ETC車載器は、ディーラーやカー用品店といった実店舗を構えるお店や、楽天市場やアマゾンといったネットショップで購入することができる。

ETCの導入は、A〜Cまでの手順を一括で行えるディーラーやカー用品店を選ぶ方が圧倒的に多い。

ディーラーか社外品のETC車載器かで迷われる方の多くは、ETC車載器は社外品の方が「割安になる」ことを理解している。

ディーラーとカー用品店で販売されているETC車載器は、性能や機能といったことでほとんど差がない。

「ならば割安となるカー用品店の方が良いのではないか?」と、そうなる。

手間をかけるのは、それなりの根拠があるからなのである。

経済的にETCを導入したいのであれば、社外品のETCは大きな魅力となるだろう。

3. ETC車載器にセットアップを行う

ETCカードとETC車載器があるだけでは、ETCを利用することはできない。

ETCは、車両情報をETC車載器に登録するセットアップを行うことで、初めて利用できるシステムなのである。

このセットアップにより、自動的に高速道路の通行料金を算出し、ETCカード所持者に通行料金を請求することが可能となるのだ。

セットアップは、作業が許可された「登録店」で行わなければならない。

登録店は、「道路システム高度化推進機構」の厳正な審査に合格したお店だ。

よって、登録されていない店や個人ではセットアップを行なうことはできない。

とは言え、ETC車載器を取り扱っているディーラーやカー用品店のほとんどが登録店である。

またネットショップであっても、登録店はたくさん存在するので、登録店を探すとなった場合でもさほど困ることはないだろう。

もし、登録店をお探しならETC総合情報ポータルサイトで、簡単にセットアップ店を検索することができるので、利用してほしい。

4. ETC車載器を取り付ける

ETC車載器の取り付けは、ディーラーやカー用品といった車載器を購入したお店で行うことが一般的だ。

その一方で、自分で取り付けを行い工賃を浮かせるといった方法もある。

その場合、楽天市場といったネット通販からセットアップ込みのETC車載器を購入し、自分で取り付けるといったやり方が主流となっている。

また、持ち込みに対応してくれるお店もあるが、その分工賃が割高となるため注意が必要だ。

ディーラーへの持ち込みについては、ETCの取り付けをディーラーで行うメリットとデメリット?持ち込みは?で詳しく取り上げている。

持ち込みをディーラーでと検討されている方は、是非、参考にしてほしい。

ETCの導入にかかる費用

手順を理解すれば、次にETCの導入にかかる費用が知りたくなるだろう。

ETC車載器の設置にかかる費用については、ETC設置の費用は?オートバックスとイエローハットではいくらかかる?で、詳しく解説している。

こちらのページでは、魅力的なセットプランもご紹介しているので、是非、参考にしてほしい。

ETCの導入は、あまり無駄に労力と時間を費やしても、報われない努力となることがある。

要するに、費やした労力と時間に見合った料金でETCを導入できなければ何の意味もないということだ。

よって私が思う、ETC車載器の賢い取り付け方法は以下の2択だ。

  1. ETC車載器を購入するお店でセットアップと取り付けもお願いする。
  2. セットアップ込みのETC車載器を購入し自分で取り付ける。

このどちらかの方法を選択したのであれば、無駄に労力と時間を費やしたことには決してならないだろう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!