故障車を売るときは査定前に修理するしない?どちらが正解なのか?

故障車を売るときは査定前に修理するしない?どちらが正解なのか?

故障車を売るときは査定前に修理するしない?どちらが正解なのかを判定する様子

故障車を売るとき、査定前にどちら選択すべきなのかと、判断に迷うことがある。

「修理をした方が良いのか? それとも修理しない方が良いのか?」

要するに、損得勘定を考えているのである。

どちらを選ぶかで、実質的な売却価格は大きく変わる。

はたしてどちらが正解なのか?

結論から言うと、修理しない方を選ぶのが正解となる。

故障車は修理しないでそのまま売った方が得なのだ。

このページでは、故障車は査定前に修理しない方がなぜ得なのかについて解説する。

故障車は修理しないほうが、結果的になぜ得をすることになるのか?

理屈はこうだ。

例として、80万円の価値がある故障車があったとする。

Aさんは、修理工場で故障車を修理してもらい、その車を80万円で売ることに成功した。

しかし、整備業者に支払った修理代は20万円もかかった。

つまり、80万円で売れたが、修理代が20万円もかかったため、実質60万円で車買取業者に車を売ったことになる。

実のところ、このAさんはとても損をしている。

もう一人のBさんは、修理しないでそのままの状態で、同じ故障車を売ることにした。

そうしたら、同じ故障車なのに車買取業者に70万円で売ることができた。

  • Aさん・・・買取価格80万円−修理代20万円=実質的な売却価格60万円
  • Bさん・・・買取価格70万円=実質的な売却価格70万円

Bさんは、Aさんよりも、10万円も高く売る事ができたのである。

なぜなのか?

通常、修理代は部品代と工賃の合計額となり、その内の工賃が修理工場の取り分となる。

その取り分である工賃が修理工場の利益となるのだ。

今回のケース場合、Aさんは10万円の工賃を修理工場にわざわざ支払ったことになるのだ。

ディーラーの工賃は割高のため、ディーラーに修理を依頼していれば、もっと高くつくことになっただろう。

以前に、車検の残り期間は査定にどれくらい影響を与えるのか?でも解説したが、車買取業者は、自社または提携している工場で、買取った車を安く車検を通したり、修理することができるのだ。

今回の例だと、一般の方なら20万円かかるところを、車買取業者なら10万円で修理することが可能なのである。

故障車を売る場合、修理するしないの二者択一を誤ると大損をすることになるので良く憶えておこう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!