フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違い

フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違い

フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違いを解説する様子

車のモデルチェンジには、「マイナーチェンジ」と「フルモデルチェンジ」がある。

  • フルモデルチェンジ
  • マイナーチェンジ

モデルチェンジは、新車の販売価格に大きな影響を与えるので、モデルチェンジの違いは、しっかりと熟知しておきたい。

フルモデルチェンジ(FMC)とは?

フルモデルチェンジとは、現行型から次期型へと、新型車としてモデルチェンジされることを言う。全面改良とも呼ばれる。

フルモデルチェンジが行われると、内外装のデザイン、車内の設備は一新される。

基本的に4〜6年周期でフルモデルチェンジが行われるが、対象車の売れ行き状況によって、モデルチェンジの時期は大きく変動する。


アルファード2015モデル

アルファード2008年モデル

フルモデルチェンジされたトヨタの人気車アルファード。

2002年に初代デビュー以降。2008年と2015年にフルモデルチェンジが行われている。

車の外装デザインが一新されているのが良くわかると思う。

マイナーチェンジ(MC)とは?

マイナーチェンジとは、フルモデルチェンジを行うまでの小規模な仕様変更の事を言う。一部改良とも呼ばれる。

一般的には、デザインの微調整や不具合の修正、パーツの改良が行われる。

外装だと

バンパー、テールランプ、フロントグリル、アルミホイールなど

内装だと

メーターデザイン、ステアリングホイール、シート素材、カーナビ機能など

マイナーチェンジは、通常、フルモデルチェンジの中間期に行われることが多い。マイナーチェンジ前のモデルは「前期型」マイナーチェンジ後のモデルは「後期型」と呼ばれる。

※3段階の場合は中期型。それ以上は回数に応じて「数字+型」。

現在では、「競合車との競争力を維持すること」を目的に、マーケティングとセールスにおける戦略的な理由で行われている。車の進化とともに、その比重は年々高くなってきている。

「全面改良のフルモデルチェンジ」と「一部改良のマイナーチェンジ」

フルモデルチェンジは全面改良のため、モデルチェンジされる範囲が大きい。

マイナーチェンジは一部改良のため、モデルチェンジされる範囲が小さい。

フルモデルチェンジとマイナーチェンジの大きな違いは、モデルチェンジされる範囲の大きさだ。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!