車検の残り期間は査定にどれくらい影響を与えるのか?

車検の残り期間は査定にどれくらい影響を与えるのか?

車検ステッカーに表示されている車検の残り期間

「車検の残り期間は長い方が査定に有利」と言われる。

査定に有利ということは、プラス査定が期待できるということだ。

だが肝心なのは、車検の残り期間に対しどれくらいプラス査定されるかだ。

車検の残り期間は査定にどれくらい影響を与えるのか?

車検にかかった費用が10万円の場合

  • 車検が2年残っていた場合、プラス10万円の査定になるのか?
  • 車検が1年残っていた場合、プラス5万円の査定になるのか?

結論から言うと、車検の残り期間は、査定に反映されない。

車検の残り期間に見合ったプラス査定には絶対ならないのだ。

車検の残り期間に見合ったプラス査定にならないその理由

車検を受けるには、軽自動車で10万円近く、普通車なら10数万円以上、大型車になると数10万円以上の費用がかかる。

普通車の場合だと、車検が1年以上残っている車で数万円のプラス査定、1年以下となると殆どプラス査定にならないと一般的に言われている。

車買取業者は、自社または提携している工場で安く車検を通すことができるので、車検の残り期間は査定であまり評価されないのだ。

「車検切れでも大歓迎」という宣伝文句を、良く見聞きすると思う。

それは、「車検切れの車は、こちらで安く通しますので問題ありません」という事なのだ。

車検切れの車を売る場合はどうする?

それでは、やむ得ない事情で車検切れとなってしまった車を売る場合は、どうすれば良いのか?

もうお分かりだろう。

車検切れの車を売る場合、車検を受けるメリットは何もない。車検切れの車は、そのまま査定を受ければいいのだ。

詳しくは、車検切れの車でも売ることはできるのか?で解説している。

車検を受けてから売ると、ただ大損するだけだと、そう憶えておこう。

車検の残り約3ヶ月が車を売るベストタイミング!

「車検の残り期間は査定にどれくらい影響を与えるのか?」について解説を行った。

車を売るタイミングは、様々な要素を考慮する必要があるので、いつがベストなのかは一概には言えない。

ただ、車検の残り期間だけを考慮するならば、車検が切れる約3ヶ月前がベストだ。

1ヵ月を切る車検切れ間近に査定を受ける人がいるが、ここまでギリギリだと損をしてしまう事がある。

このお客は車検切れまでに売ることに必死になっていると見透かされてしまうと、査定士に足元を見られることになるからだ。

車検が切れるまでに車を売り、新しく車を買い替える方はとても多い。

そんな事は、買取業者は良く承知している。

査定を有利に進めるためには、少し余裕をもって臨むことが大切なのだ。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!