ローンが残っている車を売ることはできるのか?

ローンが残っている車を売ることはできるのか?

自動車ローンの返済の様子

車のローン返済期間は最長で5年もあり、とても長い。

  • 車に乗る機会が無くなった
  • 家族が増えたので大きな車に乗り替えたい
  • 新しい車が欲しくなった

事情は人それぞれ変化するものだ。

ローン返済中の車であっても、その車を手放したいと考える人が中にはでてくるだろう。

車を手放すという事は、車を売ることだ。

それでは、ローンが残っていても車は売ることはできるのか?

結論から言うと、ローンが残っている場合であっても、ほとんどの車は売ることができる。

ローンが残っている車を売る方法

ローンが残っている車を売る方法は大きく3つある。

  • ローン残債を支払い所有権留保解除後に売る
  • 新たに車を購入しそのローンに上乗せする
  • 車買取専門店のローン返済サービスを利用する

車を売るだけの場合は、ローン残債を支払い、所有権留保解除した後で売るのが一般的だ。

「所有権留保」と「所有権留保解除」については下記ページで分かりやすく解説をしている。

車を下取りに出す場合は、新たに買う車のローンに上乗せすることができるが、それはお勧めできない。

当サイトで再三お伝えしているように、ディーラーや中古車販売店では車を高く売ることができないからだ。

ローンが残っている車であっても、車を高く売ることができるのは、やはり車買取専門店だ。

ローン返済サービスを利用すれば簡単に車は売ることができる

ガリバーやカーチスなど車を買い取ることに特化している大手の買取店では、必ずといっていいほどローン返済サービスを行っている。

ローン返済サービスとは、ローン残債を一括返済する形を買取店がとってくれるサービスだ。

  • 査定額60万円−ローン残債30万円=30万円の受け取り
  • 査定額30万円−ローン残債60万円=30万円の支払い

このように、査定額よりもローン残債が少ない場合は差額を買取店から受け取り、査定額よりもローン残債が多い場合は、差額を買取店に支払うことになる。

ローン返済サービスを利用すれば、ローンが残っている車であっても簡単に車を売ることができるのだ。

一括査定で大手買取店の複数社に査定してもらうと、高値で売れる可能性が格段に高まるので、是非、試してほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!