査定前に知っておきたい中古車のクラス分けとは?

査定前に知っておきたい中古車のクラス分けとは?

中古車のクラス分けをイメージする様子

査定を行う前に査定士は、中古車のクラス確認を必ず行う。

中古車は、「国産車は8つ」「輸入車は7つ」のクラスに分けられている。
  • 国産車 特C > 特B > 特A > T > U > V > W > 軽
  • 輸入車 特 >T > U > V > W > X > Y

クラス分けは、中古車査定の基準を定めているJAAI(日本自動車査定協会)が決めている。

査定士は、このクラス分けを基準に加減点方式で査定を行う。

加減点方式による査定については、中古車の査定価格の算出方法を見てほしい。

それでは、査定のために中古車は、なぜクラス分けされるのか?

その理由を解説する。

クラス分けすることで査定価格を簡単に算出することができる!

中古車をクラス分けする最大の理由は、適正な査定価格を簡単に算出するためだ。

例えば、レクサスと軽自動車に使われているシートに、同レベルの傷があった場合、同額のマイナス査定とはならない。

レクサスの方が、高級なシート仕様となっているからだ。

シートに同レベルの傷があった場合。-10点だと査定はこうなる。

  • レクサスの減額は約22,000円
  • 軽自動車の減額は約7,000円

※-1点でおよそ1,000円の減額になると言われている。

クラス係数と呼ばれる値が設定されているので、クラスが違っても、同じ査定の算出方法で計算すれば、適切な査定価格を簡単にはじき出すことができるのだ。

それでは設定されている、クラス係数の値を見ていこう。

国産車のクラス分けとクラス係数

クラス 係数 車種
特C 2.2 センチュリー・LS600h・プレジデント
特B 1.8 セルシオ・LS460L・シーマ(ハイブリッド)
特A 1.5 マジェスタ・ソアラ(ZZ系)・シーマ
T 1.4 クラウン・アリスト・フーガ
U 1.2 マークU・アルテッツァ・スカイライン
V 1.0 プリウス・セレナ・ステップワゴン
W 0.8 アクア・ノート・フィット
0.7 ワゴンR・タント・NBOX

輸入車のクラス分けとクラス係数

クラス 係数 車種
7.0 フェラーリ(612)・ランボルギーニ(アヴェンタドール)・ロールスロイス
T 3.6 BMW(Z8)・メルセデスベンツ(SLクラス)・アウディ(R8)
U 3.0 リンカーン(MKX除く)・キャデラック(CTS、SRX除く)・ジャガー(XJR)
V 2.4 アウディ(A6)・ルノー(アバンタイム)・アルファロメオ(スパイダー)
W 1.7 シボレー(カマロ)・ボルボ(S60)・ランドローバー(フリーランダー)
X 1.3 フォルクスワーゲン(ゴルフシリーズ)・ルノー(ルーテシア)・クライスラー(PTクルーザー)
Y 1.0 シボレー(ソニック)・ローバー(ミニ)・フォルクスワーゲン(ポロ)

国産車と輸入車の代表的な車種を、クラス別に3台選んでいる。

その他の車種のクラス分けは、JAAI(日本自動車査定協会)のホームページで閲覧することができる。

クラス係数は、1.0が基準となる。

車種ごとに設定されたクラス係数を掛けるだけで、査定価格を簡単にはじき出すことができる。

シートに同レベルの傷があった場合。-10点だと査定はこうなる。

  • クラスVのプリウスだと係数1.0のため、約10,000円の減額となる。
    −10,000円×1.0=−10,000円
  • クラス特Cのセンチュリーだと係数2.2のため、約22,000円の減額となる。
    −10,000円×2.2=−22,000円
  • クラス軽のワゴンRだと係数0.7のため、約7,000円の減額となる。
    −10,000円×0.7=−7,000円

※-1点でおよそ1,000円の減額になると言われている。

加減点方式により、クラスが高い車ほど加点・減点は多くなり、クラスが低い車ほど加点・減点は少なくなる。

クラス分けによる中古車の査定は、査定のベースとなる重要な要素だが、査定の要素は沢山ある。

年式や走行距離、ライバル車との関係やモデルチェンジの時期など、車の査定は、いろんな要素が加味され評価されることを憶えておこう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!