中古車は年式と走行距離のどちらを重視して選べばいいのか?

中古車は年式と走行距離のどちらを重視して選べばいいのか?

車の年式と走行距離を解説する様子

中古車選びで重要なポイントとなるのが年式と走行距離だ。

まさに双璧と言える重要ポイントだ。

それに加え、前所有者の使用方法と管理方法も加味し検討する必要があるから、中古車選びは難しい。

中古車は年式と走行距離のどちらを重視して選べばいいのか?

その答えは、専門家の間でも意見は分かれる。

それでは、具体的に解説していきたいと思う。

年式と走行距離による価格設定

まず、価格設定を押さえておく必要がある。

基本的に低年式(古い年式)の方が価格は安く、高年式(新しい年式)の方が価格は高くなる。

基本的に走行距離が多い方が価格は安く、走行距離が少ない方が価格は高くなる。

低年式(古い年式) 価格が安い
高年式(新しい年式) 価格が高い
走行距離が多い 価格が安い
走行距離が少ない 価格が高い

この傾向は、中古車に限ったことではない。

古いモデルは価格が安く、新しいモデルは価格が高い。

中古商品の価格は、使用頻度が高いと安くなり、低いと高くなる。

中古商品は、なんでもそうだ。

車の性能が良い方がいいのなら年式を重視

性能が良い方がいいのなら、やはり高年式の中古車を選ぶことになる。

高年式は新しい。

新しいものは古いものに比べ、劣化や故障が少ない。

カーナビやカーステレオなどオプション品も、低年式と比べると当然新しい。

車はモデルチェンジを繰り返すごとに燃費は良くなる。悪くなることはまずない。

燃費の向上は、高年式車の大きなメリットだ。

また、故障した場合、高年式車は低年式車よりも修理代がかからないケースが圧倒的に多い。

性能が良い方がいいのなら、高年式車が賢い選択といえる。

走行距離は重視するポイントだが所有者のメンテナンス加減も重要

一般的に車の年間走行距離は、「平均1万km」と言われている。

中古車の走行距離の目安については、中古車の走行距離の目安はいったい何キロ?で解説している。

走行距離が少ない車は、走行距離が多い車より販売価格を高く設定されていることが多い。

走れば走るほど消耗する部品は、走行距離が短ければ消耗が少なく状態が良いからだ。

しかし、走行距離以上に車の状態が悪くなっているケースがある。

それは、使用方法と管理方法に個人差があるからだ。

例えば、1度もエンジンオイルを交換せずにを走行していた中古車が販売されていたとする。

その中古車は、走行距離以上にエンジンが弱っていることは確実だ。

それに対し、オイル交換などメンテナンスをしっかり行ない走行していた中古車は、走行距離の割にエンジンの状態が良い可能性が高い。

  • しっかりメンテナンスをしていた車は走行距離の割に状態が良い
  • 適当にメンテナンスをしていた車は走行距離の割に状態が悪い

走行距離は重視するポイントだが、前所有者のメンテナンス加減も重要だということだ。

車の状態を重視するなら走行距離と年式のバランスで選ぶ

様々な意見を参考に、私が出した結論はこうなる。
車の性能を重視するなら高年式車を選ぶ。
車の状態を重視するなら走行距離と年式のバランスで選ぶ。
例えば、下記のような感じだ。

  • 「10年落ちの5万Km」と「3年落ちの8万Km」なら年式を重視し後者を選ぶ
  • 「8年落ちの4万Km」と「6年落ちの8万Km」なら走行距離を重視し前者を選ぶ

理由は、車の状態が良く長持ちしそうだからだ。
有名な知識検索サービスサイト、「ヤフー知恵袋」でいろんな人の意見を聞くことができる。

是非、参考にして自分なりの答えを見つけて欲しい。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!