中古車の走行距離の目安はいったい何キロ?

中古車の走行距離の目安はいったい何キロ?

 

走行距離メーターを指さす様子

中古車選びで重要なポイントとなるのが走行距離だ。

では、車は年間どれくらい走るものなのか?

一般的に車の年間走行距離は、「平均1万km」と言われている。

その根拠は、中古車市場で年間走行距離の目安が「1万km」とされているからだ。

中古車の年間走行距離の目安は1万キロ

「1年間で1万km」だと、「5年間で5万km」「10年間で10万km」となる。

当然、「5年間で1〜3万km」「10年間で4〜6万km」は、走行距離が少ないことになる。

走行距離が少ない車は、走行距離が多い車より販売価格を高く設定されていることが多い。

走れば走るほど消耗する部品は、走行距離が短ければ消耗が少なく状態がよいからだ。

ただ、「10年間で2〜3万km」と極端に走行距離が少ない車は、それほど販売価格が高く設定されない傾向にある。

極端に走行距離が少ない車は、長い期間ほったらかしにされていた時期があったと考えられるからだ。

車は、定期的に動かしているほうが調子が良い。動力機械であるエンジンは特にそうだ。

あまり動かさず放置していると、故障の原因につながる。

「走行距離が少ないほど良い状態」という事に必ずならないのである。

極端に走行距離が少ない車は、注意が必要なのだ。

中古車の年間走行距離の目安

  • 1年間で走行距離10,000km
  • 3年間で走行距離30,000km
  • 5年間で走行距離50,000km
  • 10年間で走行距離100,000km

中古車の年間走行距離の目安は10,000km。

そう記憶しておけば、1つの判断基準となる。

走行距離は重要なポイントなので、中古車を購入する時は大きな判断材料となるだろう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!