所有権留保とはどういった状態?車検証でその簡単な確認方法!

所有権留保とはどういった状態?車検証でその簡単な確認方法!

所有権留保とはどういった状態なのか、また車検証で確認方法を解説する様子

車をローンで購入すると、多くの場合、所有者の名義は信販会社やディーラーになり「所有権留保」の状態となる。

分りやすく言えば、購入した車はローンが完済するまでの間、所有者である信販会社から借りている状態となっているのだ。

車の所有者は信販会社となっているので、ローンの支払いが滞ったり回収不能になった場合、信販会社は、その車を保有することができる。最悪の場合、信販会社は、車を売却し損失を免れることができる訳だ。

車を担保にローンが組める「所有権留保」のシステムによって、誰でも簡単に車のローンが組めるようになっているのだ。

車検証で簡単にできる所有権留保の確認方法

所有権留保の状態であるかどうかは、車検証で簡単に確認することができる。

車検証には、「所有者の氏名と住所」と「使用者の氏名と住所」が記載されている。

その所有者の欄が、信販会社やディーラー名義になっていれば「所有権留保」の状態となっている。

所有権留保時、車検証の使用者と所有者の記載のされ方

使用者 氏名又は名称 購入者の名義になっている
住所 購入者の住所になっている
所有者 氏名又は名称 信販会社やディーラーの名義になっている
住所 信販会社やディーラーの住所になっている

ローンが完済すると「所有権留保解除」の手続きをし、所有者を自分名義に変更を行う。

所有者が自分名義でないと、車を売ることも廃車にすることもできないからだ。

「所有権留保解除」については、車のローン返済後の名義変更!必ず行う所有権留保解除とは?で詳しく解説を行っている。

「所有権留保解除」は絶対に必要な手続きとなるので憶えておこう。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!