カーナビの純正品と社外品の違いを解説!互いの特徴を知れば選択は簡単!

カーナビの純正品と社外品の違いを解説!互いの特徴を知れば選択は簡単!

車内でカーナビをセットする様子

新車購入の時、多くの人が取り付けるオプションがカーナビだ。

今や代表的なオプションとして定着したカーナビ。

カーナビは、目的地までの道のりをを的確に指示してもらえる大変便利なツールだ。

カーナビには自動車メーカーが製造販売している純正品と、パナソニックやパイオニア、ケンウッドやアルパインといった電気機器メーカーなどが製造販売している社外品がある。

カーナビ選びは、純正品か社外品かの選択が大きなポイントとなる。

このページでは、互いの特徴を中心に、カーナビの純正品と社外品の違いについて詳しく解説する。

純正品か社外品かで迷われている方は、是非、参考にしてほしい。

純正品はメーカーナビとディーラーナビの2つがある!

まずは純正品について解説する。

純正カーナビには、2つの種類がある。

  • メーカーナビ
  • ディーラーナビ

メーカーナビはメーカーオプションだ。

車種専用に設計されているため、メーカーナビの取り付けは自動車の製造工場で行われる。

メーカーナビは簡単に取り外せないので盗難に遭いにくいという特徴があるが、その反面、別のカーナビと交換するのが非常に困難という弊害がある。

メリットとデメリットが表裏一体となっているのでメーカーナビを選択する際は、それらのことを良く認識することが重要だ。

ディーラーナビはディーラーオプションだ。

よって取り付けはディーラーで行われるため、後で注文することも可能だ。

また、社外品のカーナビに交換することもできる。

メーカーナビは生粋の純正であるのに対し、ディーラーナビは社外品に近いカーナビという位置づけとなる。

メーカーナビに比べ「ディーラーナビは自由度が高い」と、そう認識しておけば間違いないだろう。

メリットとデメリットから分かる純正カーナビが向いている人

純正カーナビの特徴を良く理解するため、メリットとデメリットを一覧にしてみた。

純正カーナビのメリット

  • 各車種の内装にピッタリ合う作りとなっているので、車内の景観を損なわない。
  • 社外品の1年に比べ、純正品は3年と保証期間が圧倒的に長い。
  • ハンドルにスイッチを付けて操作できたり、他の機能と連動できたりと操作性に優れる純正品がある。
  • トヨタのG-BOOKやホンダのインターナビなど、オペレータサービスを受けることができる。
  • 納車時に使い方を教えてくれるので、すぐに利用することができる。
  • メーカー純正のリアカメラ、ブラインドモニターも一緒に取り付けることができる。
  • 故障・トラブルがあった場合は、ディーラーが対応してくれるので安心感がある。
  • メーカーナビは簡単に取り外せないので、盗難に遭いにくい。
  • 納車時には設置されているので、すぐに使うことができる。
  • 後から取り付ける手間がかからない。
  • 車を売る時に査定アップが見込める。

純正カーナビのデメリット

  • 社外品に比べ値段が高い。
  • 純正品は自動車取得税の対象となるため、税金が高くなる。
  • 社外品より開発スピードが遅いため、機能や性能が落ちる場合がある。
  • オーディオスペースに設置する、本体とモニターが一体となった「インダッシュタイプ」しか選べない車種がある。
  • ダッシュボードの上にモニターを設置する、本体とモニターが分かれた「オンダッシュタイプ」しか選べない車種もある。
  • 走行中は、テレビが映らない。
  • メーカーナビは、他のナビと交換することが非常に難しい。

メリットとデメリットを比較することで、どんな人が純正カーナビに適しているかが見えてくる。

以下の項目が当てはまる人は、純正カーナビが非常に向いていると言えるだろう。

純正カーナビが向いている人

  • 車内のインテリアを重視する人。
  • カー用品にあまり興味がない人。
  • 機械音痴な人。
  • 面倒くさがりの人。
  • 納車日からナビを使いたい人。
  • 長期保証を望む人。
  • ディーラーとの繋がりを大切にしている人。

社外品と純正品の大きな3つの違い

次は社外品について解説する。

社外品は、オートバックスやイエローハットや、アマゾンや楽天市場などで市販されているナビを指す。

価格帯は1万円を切るものから数10万円するものまでと幅広く、品数は豊富にある。

社外品と純正品の違いは大きく3つある。

販売価格の違い

社外品が選ばれる理由は、販売価格が安いことが一番に挙げられる。

同じ性能なら純正品より社外品の方が、割安なのだ。

新車購入時は交渉次第で、純正品も安くなるという意見もあるが、その場合、車両本体価格の値引きが抑えられることで調整されるケースが多い。営業マンの言葉を鵜呑みにしない方がいいだろう。

それに加え、社外品は自動車取得税の対象とならないため税金を払わなくて済む。

とにかく社外品は、とても経済的なのである。

性能と機能性の違い

社外品が選ばれる理由は、純正品よりも社外品の方が性能と機能性に優れていることが次に挙げられるだろう。

パナソニックやパイオニア、ケンウッドやアルパインといった電気機器メーカーが競って製造販売されている社外品は、やはりひと味違う。

「モニターがきれい」「音質が良い」「スマホとの連動機能が充実」「カスタマイズできる幅が広い」「オプションが多彩」など社外品は各種特色があるのだ。

それに対し純正品は、シンプルイズベストを追求したカーナビだ。一般的に必要とされる機能のみを搭載し、万人が簡単に操作できることに特化したカーナビなのである。

保証期間と修理手続きする場所の違い

最後に、保証期間と修理手続きする場所の違いが挙げられる。

保証期間は、純正品が3年で社外品は1年となっている。

純正品は、車両本体と同じ保証期間が設けられている。もちろん、期間内に故障した場合は、ディーラーで手続きを行えば無料で修理をしてもらえることができる。

社外品は、家電製品と同じ保証期間が設けられていることがスタンダードとなっている。保証内容と手続きする場所は、メーカーや購入店によって異なるため注意が必要だ。

保証期間や修理手続きを行う場所に拘る人は当然いるだろう。

やはりディーラーに行くだけで対応してくれる方が、利便性が高いことは明白だ。

よって、保証期間と修理手続きする場所を重視する方にとっては、純正品は大きな魅力となるだろう。

メリットとデメリットから分かる社外カーナビが向いている人

社外カーナビの特徴を良く理解するため、メリットとデメリットを一覧にしてみた。

社外カーナビのメリット

  • 同性能なら、純正品より社外品の方が格段に安い。
  • 社外品は自動車取得税の対象とならないため、税金を払わなくて済む。
  • 純正品より高性能で多機能である。
  • 種類が多いため自分に合ったタイプを見つけやすい。
  • 各メーカーが絶えず技術を競い合っているので、次々と良いカーナビが出てくる。
  • オンダッシュ、インダッシュなど色んなタイプのカーナビを選ぶことができる。
  • 自分で取り付ければ、工賃を節約することができる。
  • 店頭で性能や機能を、確認することができる。
  • 車を乗り換えても、使い回しすることができる。

社外カーナビのデメリット

  • 車内のインテリアと、合わないことがある。
  • 使い方は自分で勉強しなければならない。
  • 保証期間が純正品は3年あるのに対し、社外品は基本的に1年と短期間である。
  • 高級車によっては、取り付けできない社外品がある。
  • 純正品に比べ、社外品は車上荒らしに遭うリスクが高い。
  • 車両本体は保証期間であっても、社外品によって車両が故障した場合、修理代は自己負担になることがある。

メリットとデメリットを比較することで、どんな人が社外カーナビに適しているかが見えてくる。

以下の項目が当てはまる人は、社外カーナビが非常に向いていると言えるだろう。

社外カーナビが向いている人

  • とにかく安く手に入れたい人。
  • 性能や機能性で選ぶ人。
  • カーオーディオに拘りがある人。
  • 「オンダッシュタイプ」を選びたい人。
  • ナビを自分で取り付けたい人。

最適なカーナビ選びを

メリットとデメリットを中心にカーナビの純正品と社外品の違いについて解説を行った。

互いの特徴を知れば選択は簡単だ。

今やカーナビは、快適なカーライフを送るために無くてはならないツールだ。

どんなカーナビが自分に一番向いているのか?

あなたにとって最適のカーナビ選びの参考に、このページを是非、役立ててほしい。

なお、当サイトは「車を高く売る方法」を紹介することを主要目的としたサイトだ。

どんなに高価買取を実現しているお店であっても、単独査定では車を高く売ることは絶対にできないことを、あなたにも知ってほしい。

単独査定とは、下取りのように一社のみに査定を依頼することをいう。

お店同士で競争させることで、初めて車は高く売ることができる。

当サイトでご紹介している一括査定サイトなら、誰でも簡単にお店同士を競争させることが可能だ。

こうして何かのご縁でアクセスして頂いたあなたにも、是非、車を高く売る方法をマスターしてほしい。

なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのかを、私の実例を交えながら分かりやすく解説。

また、私もすでに3度利用したネットの一括査定サイトをご紹介している。

是非、ご覧いただきたい。

効果は実証済み! 私がいつも利用する一括査定サイトをご紹介!