なぜ、ネットの一括査定は車を高く売ることができるのか?

車を高く売る方法を、あなたはまだ知らないだけだ!

ネット検索でこのページにたどりついたあなたは、今までより確実に車を高く売ることができるようになれる。

  • 車を購入するディーラーに下取りに出す。
  • 近所の中古車販売店に売りに出す。

あなたは今まで、以上のような方法で車を売っていたはずだ。

それでは絶対に車を高くは売ることはできない。

20万30万円も相場より高く車を売る人は、別のやり方をしている。

しかも、時間も労力もかけずにだ。

では、どういったやり方をしているのか?

相場よりも高く車を売る人は、ネットの一括査定を利用している。

提携先査定会社

何も難しいことはない。たったこれだけのことである。

ディーラーの営業マンに、必死に交渉や駆け引きをする必要もない。

ネットの一括査定を利用すれば、車を相場よりも遥かに高く売ることが簡単にできてしまうのだ。

これから先は、ネットの一括査定を利用すれば、なぜ車を高く売ることができるのかを、詳しく解説している。是非、読み進めてほしい。

今日からあなたは、今までより確実に車を高く売ることができるようになれる。

なぜなら、確実に車を高く売れる方法を、あなたはまだ知らないだけだからだ。

ディーラー下取りが市場相場に見合った価格で取引きできていない最大の理由

「ディーラーに下取りに出す」

車を売る方法はいくつかあるが、今だに多くの方が従来通りのやり方を選んでいる。

実は、ディーラーの下取りという単独査定では、車を高く売ることは絶対にできない。

「高く下取りしてくれた」と喜ぶ人もいるが、それは間違いだ。

仮に、ディーラーが限界の下取り価格で引き取ってくれたとしても、車買取業者に比べるとはるかに安い金額になる。

なぜなら、ディーラーの本業は新車を販売することだからだ。

基本的に今乗っている車を手放す決断をしなければ、お客に新車の販売をすることはできない。

よってディーラーは、車の買い替えと下取りをワンセットと考える。

だからといって市場相場に見合った適正価格で下取りを行ってしまうと、自らの首を絞めることになる。

なぜなら、本業である新車販売に悪影響を及ぼすことになるからだ。

ディーラーは下取り価格の交渉に臨むときに、お客に危機感を抱かせる心理戦を繰り広げる。

一例を挙げる。

新車購入時に300万円の価値があった車の乗り換えを考えているお客がいたとする。

そのお客は、新車購入からもうすぐ5年目になろうとしている。

こうしたケースの時、営業マンはこのような心理戦で営業をしかけてくる。

「今なら150万円で下取りできますが、1年後には120万円、2年後には90万円の下取り価格になることが予想されます」

「下取り価格を考慮すると、今が絶好の乗り換え時期と言えます。是非、ご検討ください」

1年2年で急速に下取り価格が安くなることを示し、「今は150万円だが数年の間で、こんなにも価値が下がるのか」と、お客に危機感を抱かせる心理戦をとるのだ。

お客に、「乗り換えをするなら今がいいのかー」という心理が生まれるとチャンス到来だ。

結果として、新車を販売できる確率はグーンと高まるという訳だ。

これが市場相場に沿った適切な下取り価格で取引きを行うとこうなる。

「今なら150万円で下取りできます。今の相場を元に予想しますと、1年後には140万円、2年後には130万円になると思われます」

「どうされますか?」

これではお客の心理に車の価値が下がるという危機感は生まれない。

つまり、下取り価格が高いと新車販売の周期が長くなってしまうので、ディーラーは下取り価格を安く抑える必要があるのだ。

下取り価格を安く設定しないと、新車の販売促進に悪影響を及ぼす。

これが、ディーラー下取りが市場相場に見合った価格で取引きできていない最大の理由となっているのである。

ディーラーが仕掛ける営業のカラクリ

ディーラーの営業マンは交渉のプロだ。お客を納得させる営業テクニックを持っている。

下取り価格を提示をした上で、車両本体価格の値引きや、オプションの追加サービスを提案し、トータル的なサービス内容で交渉を進めてくる。

「車を買ってくれるなら、高く下取りします」といった営業で話を進めてくる営業マンもいるが、これにはカラクリがある。

こういった場合、下取り価格を引き上げた分、購入する車両本体価格の値引きは抑えられる。

そう、最終的な支払い総額は、だいたい同じになるのである。

優秀な営業マンは、お客がどこを重視しているのかを見抜き、巧みな交渉術で営業を仕掛けてくる。

  • お客が重視しているのは、車の下取り価格なのか
  • お客が重視しているのは、車両本体価格の値引き価格なのか
  • お客が重視しているのは、オプションの追加サービスなのか

それに、情が沸いてくるのが人間だ。

親身になり話をしてくれる営業マンに、「これだけ頑張ってくれているのだから、この人に任そう」と、最後は大体そうなるのである。

これがディーラーが仕掛ける営業のカラクリだ。

もちろん、ディーラーの下取りにもメリットがある。

車の売却や登録などの事務手続きは、一括してやってくれるので手間がかからない。

車を高く売るよりも、手間がかからない事に魅力を感じる人は下取りに出した方が良いだろう。

そうではなく、車を高く売ることが目的ならば、「単独査定でディーラーに下取りに出す」ことは、絶対にやってはいけない方法なのである。

ディーラー下取りでも車を高く売る方法と手順

単独査定のディーラーの下取りだけでは、車を高く売ることはできない。

しかし、ネットの一括査定を利用すれば、ディーラー下取りでも車を高く売ることは可能だ。

それでは、そのやり方と手順を詳しく解説する。

大前提になるのが、ネットの一括査定をまず利用するということ。

車を購入する際に、ディーラーの営業マンは「下取り車はありますか?」と必ず尋ねてくる。

その質問に対し、「下取りなしで見積もりをお願いします」と、まずは答えるのだ。

先にも述べたが、「下取り車はありますか?」と聞いてくる理由は、車両本体価格の値引き額を調整をするためだ。

最初は下取りなしで見積もりを出してもらい、まずは車両本体価格を限界まで値引きをしてもらうことに注力する。

車両本体価格の値引き交渉が終われば、次にこう言う。

「実は、下取り車があります。車買取業者に査定をお願いしているのですが希望する額に届きません。御社にお願いしたら、幾らになりますか?」

これで、ネットの一括査定で最高値に評価してもらった価格を引き合いに出し、下取り価格の引き上げ交渉を行うことができる。

これは、他でもよく使われている交渉テクニックだ。

例えば、家電の場合だと、価格ドットコムや楽天市場で売られている最安値の価格を引き合いに出し、実店舗である家電量販店で値引きの交渉を行う。このやり方と全く同じだ。

この場合、重要になるのが1〜5の手順を間違えないことだ。

  1. ネットの一括査定で最高値の買取り価格を調べる。
  2. 最初は、ディーラーに「下取りなしで見積もりお願いします」と伝える。
  3. 購入する車両本体価格の値引きを限界までしてもらう。
  4. 「実は、下取り車があります。車買取業者に査定をお願いしているのですが希望する額に届きません。御社にお願いしたら、幾らになりますか?」と伝える。
  5. 提示された下取り価格で納得ならば、ディーラーに下取りをお願いする。提示された下取り価格に納得できないのならば、最高値で引き取ってくれる車買取業者に買取りをお願いする。

重要なことなのでもう一度繰り返す。

単独査定のディーラー下取りだけでは、絶対に車は高く売ることはできない。

最初に、ディーラーで下取りの見積もりを出してもらうと、下取り価格と車両本体価格の値引き額で調整が行われ、最終的な支払い総額は、だいたい同じになる。

  • 下取り価格が高いと、車両本体価格の値引きが抑えられる。
  • 下取り価格が安いと、車両本体価格の値引き額が引き上げられる。

これが、ディーラー下取りのカラクリだ。

ディーラーの下取りで車を高く売るには、「ネットの一括査定」をまず利用することが最も効果的な方法なのである。

簡単&無料 査定だけでもOK!
「かんたん車査定ガイド」で一括査定を依頼する!

ネットの一括査定を利用すれば、価格競争を素人でも簡単に起こすことができる!

競争が生まれることで、初めて物は高く売ることができる。

多くの車買取業者に査定をしてもらい、一番高く査定してもらったところに買い取ってもらう。これが車を高く売る、最も確実な方法だ。

ネットが無かった時代は、わざわざ車を持ち込み多くの車買取業者に査定をしてもらうことが車を高く売る方法だった。

それには労力と時間、そして忍耐が必要だった。

それがネット時代となった今、それらの苦労は不要となったのだ。

ネットの一括査定は、わずか数分の作業で多くの車買取業者に査定を依頼することができる。

ネットの一括査定の利点はそれだけではない。一括査定を申し込んだと同時に、相手側に複数の車買取業者に査定を依頼していることを自動的に伝えることができるのだ。

これはまさに、「私は、一番高く査定してもらったところに買い取ってもらういます」と告知をしているようなものだ。

ネットの一括査定が無かった時代、相手側に複数の車買取業者に査定を依頼していることを知らせるためには対面で伝える必要があった。

対面であれば、交渉のテクニックが必要だ。素人が上手く価格競争を煽ることは難しい作業だ。

しかし今やネットの一括査定を利用すれば、素人でも価格競争を起こすことが簡単にできるようになった。これこそがネットの一括査定の最大のストロングポイントなのである。

簡単&無料 査定だけでもOK!
「かんたん車査定ガイド」で一括査定を依頼する!

4つのポイントを高い水準でクリアーしている「かんたん車査定ガイド」

ネットの一括査定は、もちろん完全無料だ。

数分でを申し込むことができ、車買取業者はこちらが指定する場所までわざわざ来てくれる。

私は以下の5つのポイントを重視し、ネットの一括査定会社を選んでいる。

  1. 申し込みの入力が簡単で、査定額と売られている相場がすぐに分ること。
  2. 提携している車買取業者が一流であり、数が多いこと。
  3. 登録されている全ての車買取業者がJADRI加盟店であること。
  4. 利用者からの評価が高いこと。
  5. 運営会社が大手企業であること。

5つのポイントを高い水準でクリアーしている「かんたん車査定ガイド」を、私は推奨している。

運営会社株式会社エイチームライフスタイル
親会社株式会社エイチーム 持株100%
東証一部上場(証券コード 3662)
ホームページ画像かんたん車査定ガイドのホームページ
最大査定依頼数10社
提携先査定会社ガリバー、アップル、カーチス、カーセブン、ハナテン、ビッグモーター、JAC、シーボーイ、ソッキン王、三共、タックス、オークショントレード、Car-bb.com、カーリンク、カーチェンジA1、HOT+UP、インディオなど
対応地域全国
利用料金無料
申込みの平均時間約45秒
申込みページ

一括査定サイトを選ぶ際、提携している車買取業者が一流企業であり、かつJADRI加盟店であることは、一番重視したポイントだ。

提携先査定会社

JADRI加盟の車買取業者には悪徳業者は存在しない。なぜなら、審査基準が厳しいからだ。JADRIについては、JADRI加盟店を選ぶのが最善策か?再査定されない方法を考えてみた!で詳しく解説している。

「かんたん車査定ガイド」を利用すれば、これだけ車は高く売れる!

では、「かんたん車査定ガイド」を利用すれば、どれだけ車を高く売ることができるのか?

まずは、私の実例をご覧いただきたい。

2016年2月にトヨタ・ウィッシュを売った時に「かんたん車査定ガイド」を利用し一括査定を行った。今回で3度目だ。

査定してもらったのが買取業者8社で、新車を購入したディーラーにも下取り査定をお願いした。

下取り査定は、「ディーラー下取りでも車を高く売る方法と手順」でお話した1〜5の手順に従ってだ。

結果はご覧のとおりだ。

「かんたん車査定ガイド」で一括査定を依頼した車

  • メーカー: トヨタ
  • 車 種: ウィッシュ
  • 年 式: 2009年
  • 走行距離: 4.5万キロ
  • 査定時期: 2016年2月
かんたん車査定ガイドで一括査定を依頼したトヨタ・ウィッシュ
車買取店 最初の査定額 最終的な査定額
G店 98万円 105万円
A店 90万円 98万円
C店 86万円
H店 78万円
B店 68万円
J店 72万円
S店 88万円 100万円
T店 58万円
下取り 68万円 86万円

先にも述べたが、一括査定を申し込んだと同時に、相手側に複数の買い取り業者に査定を依頼していることを自動的に伝えることができる。

これは、「私は、一番高く査定してもらったところに買い取ってもらういます」と、告知をしているようなものだ。

価格競争を起こすことが、素人でも簡単にできてしまう。

この威力は最強に凄まじい。最初の査定額も見れば一目瞭然だ。

単独査定に比べ、一括査定を利用すると。

そう、「最初の査定額」スタートラインが全く違うのだ。

最初でかなり高額な査定を頂いたが、これでまだ終わりではない。

次に、G店とA店とS店の3店にしぼり、こう伝え最終的な値上げ交渉を行った。

「ネットの一括査定から現在、3店にしぼり査定をお願いしているのですが希望する120万円に届きません。120万円で買い取ってもうらうことはできませんか?」

3店とも限界に近い査定額を最初に提示している。120万円で買いとってもらうことは無理なのは、私も分かっている。

これは、最終的な査定額を導きだすためだ。

念のため、新車を購入したディーラーにも下取り査定をお願いした。

下取り査定は、「ディーラーの下取りで車を高く売る方法!」でお話した1〜5の手順に従ってだ。

車両本体価格の値引き交渉が終わったあとに、ディーラーにこう伝えた。

「実は、下取り車があります。車買取業者に査定をお願いしているのですが希望する120万円に届きません。御社にお願いしたら、幾らになりますか?」

ディーラーの最終的な下取り額は86万円とかなりの評価額を頂いた。この結果は、ネットの一括査定を利用したからにほかならない。

ネットの一括査定を利用せずに、ディーラーの単独査定だけなら評価額は、多分、50万円くらいになっていただろう。

最終的には、一番の評価額をいただいたG店に、105万円で車の買取りをお願いした。

「かんたん車査定ガイド」を利用した実際の査定額

「かんたん車査定ガイド」では、利用したお客さんの実際の査定額を表示している。

他の方々の実例を見ていただき、どれだけ車を高く売ることができるのかを、更に実感してほしい。

実際の査定額
かんたん車査定ガイドを利用した実際の査定額

ディーラーの下取りと徹底比較
かんたん車査定ガイドを利用したディーラーの下取りと徹底比較

簡単&無料 査定だけでもOK!
「かんたん車査定ガイド」で一括査定を依頼する!

最後に

ネットの一括査定は、複数の買取店に査定をお願いするため、一つだけ弊害がある。

そう、しつこい営業だ。

そんな時、撃退できる最強の言葉がある。

「車を売る店が決まりました。お世話になりました」

こう告げるだけで、しつこい営業を簡単に撃退することができる。

まだ売る店が決まってなくても、嘘も方便だ。可能性が0ならハッキリ断った方が良い。

今日からあなたも、今までより確実に車を高く売ることができるようになれる。

ネットの一括査定は完全無料。リスクも無い。

あとは「行動できるかどうか?」だけだ。

あなたも、是非チャレンジして欲しい。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

簡単&無料 査定だけでもOK!
「かんたん車査定ガイド」で一括査定を依頼する!